1. トップページ
  2. 絶対に痩せないとまずい!と思った瞬間

絶対に痩せないとまずい!と思った瞬間

【肥満レベル】偏った太り方であり、当然周囲から痩せるように勧められていました。

50代

礼服が着れなくなった時、ショックでした。さらに無理に身体に合わせようとしてズボンが裂けたことも。代用品が無く、臀部をひたすら手で覆い隠して、参列する自分が情けなかったです。履けるズボンが見つからないというのも大変な心理的負担でした。費用が割けないので高価な治療というのは現実的な選択ではありません。将来金銭的余裕ができたなら、手術を伴わないような方法なら考えるかもしれません。

【肥満レベル】体型的に小太りな感じです。友人はみんな痩せているので、一緒にいると自分だけ目立ちます。

30代

自分の中で設定体重というのがあって、それを超えてしまった時に焦ってしまい痩せなくては、という危機感に襲われます。周りに”太った?”と言われてしまったら私の中ではかなりのショックで、体重を元に戻すために頑張ります。どうしても、何をやっても痩せられない場合、最後の手段として考えます。痩せたいですが、病院の治療というのがやぱり不安があって踏み切れないかもしれず、悩んだままになると思います。

【肥満レベル】太りすぎて股ずれが起きそうです。

20代

衣替えをして去年のズボンが入らなくなっていたり、服を買いに行ってもお目当ての服のサイズがない時です。30万は私にとってかなりの大金なのでこのままだと生死に関わりますとお医者さんに言われないといかないと思います。

【肥満レベル】標準より10キロぐらい体重が重い

40代

家族や友人とビーチなどに行き、友達は子持ちなのにスッキリした綺麗なスタイルでビキニを着て楽しそうにしているのを見た時。自分はポチャ体型で水着も切着れずにみじめな気持ちになったら痩せないと...と思う。

【肥満レベル】身体のラインが出る服を着れない

31歳

ふいに撮られた写真を見た時に、想像以上に酷く、痩せなければと強く思いました。好みの服が着れない時も、痩せてたらなと思います。肥満治療を30万からで受ける気になる状況は旦那や子供にお母さんにもっと綺麗でいて欲しいと言われた時です。さすがに100%痩せる!と誓えると思います。

【肥満レベル】下半身にすぐに贅肉がつく、いわゆる洋梨タイプの体型をしている。

43歳

体重が増えすぎてしまい、人に迷惑をかけるようになったら考えます。例えば、階段を一人で上ったり下がったり出来なくなったり、エレベーターに乗ったら、毎回必ずブザーが鳴るという時には、これは痩せなければヤバイと思い、どんな事をしてでも痩せなければと思うようになると思います。

【肥満レベル】BMIが肥満

31歳

洋服がはいらなくなったときです。痩せていたらなと思うのは、夏に海にあそびにいったときに強く思います。わたしは一生ビキニが着れないのかと思うと悲しいです。結婚式があれば、治療に通うかもしれません。ドレスがはいらないとおもうので。

【肥満レベル】余分な脂肪が下半身を中心にたっぷりついている

50代

やはり血糖値がボーダーラインギリギリになっていて、糖尿病予備軍だと診断された時には、これはもう痩せなければヤバイと感じました。痩せていたらなぁと思った瞬間は、血糖値が高くて糖尿病になってしまう可能性が高くなったと感じられた時です。30万円で受けられる治療があったとしても、そういうものは受けたくないです。痩せるなら自分の力で食事と運動で痩せたいです。

【肥満レベル】健診結果でコレステロール、中性脂肪が高いと通知が来ました

31歳

去年着ていた洋服が入らなくなり、一回りサイズが大きくなってしまったときは、痩せないとと強く思います。恋人がいたとして、その恋人から「太ったね。」などと言われたら、悔しくて堪らないので100%痩せると誓えると思います。健診の結果が悪いと肥満治療を受けることを考えると思います。

【肥満レベル】Lサイズの服

28歳

以前より体重が五キロ程増えてしまい着たい服がきれなくなってしまった時痩せていたらなぁと思いました。病院で有効な肥満治療が30万円〜で受けられる治療があったとしたら、確実に痩せてリバウンドもしない、万が一痩せなかったら痩せるまで無期限で通える、または痩せなかったら全額返金といった場合があれば痩せると誓えると思います。

【肥満レベル】おなががポッコリ出ている

34歳

お菓子を好きなだけ食べていると、これはもう絶対に痩せるのは無理だなという気持ちになります。甘い物ってやっぱりおいしいですし、我慢できないです。肥満治療が30万〜受けられるのであれば、高い効果が期待でき、安全性が保証される場合のみするかもしれません。

【肥満レベル】BMIでやや太り気味。見た目はポチャリです。

28歳

好きな人ができたとき、周りから「太ったね」と言われるとき。また、過去の写真を見て、今の自分の写真を比較して、明らかに太ってることが分かった時です。肥満治療に関しては安全性が確保されているのであれば、興味があります。ただし、絶対に受けたいとは思いません。

【肥満レベル】手足は細いがお腹周りが異常に太っています

30代

揚げ物などのカロリーの高いものを食べて幸せを感じるとき。この幸せな気持ちを放棄してまで痩せようとは思いません。が、何か大きな症状(血管が詰まったり、心臓に異常をきたしたり・・)を患えば、肥満治療を受ける気になるかもしれません。

【肥満レベル】健康診断でメタボだと言われた

30代

私は健康診断でメタボだと言われる程度ではありますが、スーツが入らなくなったり、そもそも風呂に入るとき鏡で自分の姿を見たときなど、やはり若い頃との違いを突きつけられると、焦りと共に痩せなければという気持ちが沸き上がってきます。お金を払って病院で肥満治療となると、やはり医者にこのままではあと何年で死ぬとか言われなければ決断はしないかもしれません。

【肥満レベル】太りすぎて洋服のボタンがいつもパツンパツンで困っている。

30代

やせていたらなあ、と思う瞬間は、気に入った洋服が何でも着られる人を見たときです。私は洋服の前ボタンをはめるのに苦労するほど、肥満で腹部が出っ張っているので、スマートに洋服を着こなせる人は憧れです。高額な治療を受ける気になると思う状況としては、「何の努力をしてもやせなかった人が健康的にやせたのを見たとき」です。

このエントリーをはてなブックマークに追加